販促品ってどんなもの?

道を歩いていると、ティッシュを配っている人がいたり、夏になると企業が団扇を配ったりします。
新しい商品がでればキャンペーンと称しその商品のサンプルなどが配られることもあります。
こうした商品の紹介や消費者の購入意識を高める作戦として行われるのが、販売促進です。
これら販売促進に利用される商品等を販促品といいます。

この販促品は企業名などが記載された商品、いわゆるノベルティと呼ばれるものや、商品を購入するかどうかわからない状態のお客様に配るものであり、例えば何かの購入が決まっていて、その購入に沿って消費者におまけ、サービス品として配るものは販促品といいません。

販促品を消費者に配るということは企業がその費用を出費することになりますが、商品を消費者が見て、使ってもらうことでこれはいい商品だから購入しようとなる事を狙っているのです。
使ってみなければいいものかどうかわかりませんから、消費者の方に利用してもらうことが大きな目的です。

新しいものが好きな人は新商品が出るととりあえず使ってみようという気になりますが、こういう冒険心がない方はお買い物にも慎重です。
自分が本当にほしい物以外購入しようという気持ちがないのですから、こういう方に向けて販促品を利用し、実際に使ってもらい商品を購入しようという気持ちになってもらうことが狙いです。

当サイトは販促品について情報をお伝えします。
販促品とノベルティ、プレミアム商品との違いなども当サイトで理解していただくと幸いです。



▼関連情報
販売促進やノベルティ、記念品のオリジナルタオルを作成できます ... オリジナルタオル 作成